ドクターズキッチン研究会、ワーキング部会、及び事業化への誘導

2013年2月6日

食を通じた健康管理から予防医学で、科学的根拠に基づく食事(薬膳、食事療法、治療食、改善食、介護福祉食、健康食、機能食、食育まで)を個人の健康状態に応じて指導、または幅広いサービスを提供する全体総称をドクターズキッチンと名づけています。

ドクターズキッチン研究会では、医師や栄養士と調理師などがコラボによって実現する科学的根拠に基づく食材やレシピを開発し(健康メニューのための調理器具や厨房開発、情報システムなどの開発も連動させる)、病院やクリニックと外食や中食、給食産業が個人の健康データや食事指導の食事箋により地域に配食するなど、情報提供やセミナーやワークショップ、イベント開催を開催しながら、様々な事業化、連携へと誘導を行います。

【ドクターズキッチンの異分野連携イメージ図】

 

 

ケルククラブでは、皆様のビジネスに貢献できるような様々な情報提供、セミナーや研究会、ワーキング分科会、イベント、交流会などを計画しております。参加企業の皆様同士での具体的なプロジェクト及びアライアンスを誘導し、ビジネスのマッチングを行います。

 

 【研究会】

セミナーやワークショップ、イベント、交流会等を通して、ドクターズキッチンなどの先行的取組み事例、科学的根拠に基づくメニュー開発のための各種研究など、ドクターズキッチン構想に係る幅広い内容をお届けします。セミナー形式やワークショップ形式により、講師をお招きしたり、参加者同志のプレゼンテーション、議論を行いながら進めていきます。また、イベントや見学会、交流会なども行います。

【ワーキング部会 案】

ドクターズキッチン研究会から複数のワーキング部会に派生させて、事業化に向けて更に深く研究を行います。会員様のご要望により、ワーキング部会を追加して参ります。

A:病院ワーキング部会
B:ドクターズレストランワーキング部会
C:ドクターズメニューワーキング部会
D:配食デリバーリーワーキング部会
E:食事処方箋ワーキング部会
F:パーソナルヘルスレコード(PHR)ワーキング部会
G:その他

ドクターズキッチン研究会では、医師や栄養士と調理師などがコラボによって実現する科学的根拠に基づく食材やレシピを開発し(健康メニューのための調理器具や厨房開発、情報システムなどの開発も連動させる)、病院やクリニックと外食や中食、給食産業が個人の健康データや食事指導の食事箋により地域に配食するなど、情報提供やセミナーやワークショップ、イベント開催を開催しながら、様々な事業化、連携へと誘導を行います。