「電化厨房機器をうまく使いこなすために」……「IHコンロ」編

2011年12月16日

安全・快適・効率的に調理ができる電化厨房機器。IHコンロをはじめIHフライヤーやIHゆで麺器などが活躍していますが、それぞれの機器の能力を十分発揮するよう、うまく使いこなしていただくための疑問解決コラムです。

第1回目は、「IHコンロ」編です。「IHコンロは使えない鍋が多いのでは?」「IHコンロは鍋ふりができないの?」「IHコンロの焦げつきはどうすれば?」といった疑問にお応えします。

IHコンロはいろいろな鍋が使えます!

「IHコンロは使えない鍋が多いのでは?」といった声がありますが、そんなことはありません。いろいろな鍋が使えます。
ただし、メーカー・機種により、使える鍋使えない鍋の形状・材質が異なることがありますのでご注意ください。形状は鍋底が平らでトッププレートに密着するもの、重さは調理物と併せて700グラム以上が目安です。

IHコンロは、鍋ふりは必要ありません!

「IHコンロは鍋ふりができないの?」といった疑問をお持ちの方がいらっしゃるようですが、IHコンロは鍋ふりが「できない」のではなく、「必要がない」のです。

万一焦げつきがついてもクレンザー等で簡単に手入れできます!

IHコンロは焦げつきができても、クレンザーを使えばきれいに落とせます。