リニューアルした「エルテック新大阪」の業務用厨房スペースで、「プレミアム調理セミナー」を開催!!

2011年10月27日

平成22年10月27日(水)、ケルククラブ・大阪司厨士協会共催による「プレミアム調理セミナー」(西洋料理)が開催されました。会場となったのは、大阪市淀川区三国本町にある「関西電力 エルテック新大阪」の業務用厨房スペース。セミナー当日にリニューアルオープンとなったもので、今回の「プレミアム調理セミナー」が再出発の画期的なイベントともなりました。

 講師は、プレミアム調理人である「シェラトン都ホテル大阪」総料理長の久松幸彦さん。食材や調理のポイントとともにIHコンロやスチームコンベクションオーブンといった電化厨房機器のメリットや注意点などを説明・解説しながら、手際よく調理されました。その様子はモニター画面に写し出され、参加者は久松総料理長の見事な手さばきも確認でき、「モニター画面も見やすく、大変わかりやすいセミナーになった」と好評でした。

 調理実演されたのは、「Carre d’ agneau aux Legumes, Flambage au Cognac」(真空調理した子羊のキャレと旬菜のフランバージュ)、「Franc de l’oursin」(紫雲丹のフラン ウイキョウの香り)、「Fondanto Chocolat a la X’mas」(フォンダンショコラ)の3品目。いずれも参加者は試食でき、レシピも会場で配布されました。

 試食も含めた久松総料理長による調理セミナーに引き続き、参加者による調理体験タイム。調理体験メニューは、「OMELETTES BRILLAT-SAVARIN」(伊那佐山麓の平飼たまごのオムレツ・ブリアサバラン)。久松総料理長がIHコンロでは難しいという声のある卵料理を模範調理で披露した後、希望者が調理に挑戦しました。実際に電化調理機器を体験され、IHコンロも見近な存在になったのではないでしょうか。

 さらに参加者の質問に久松総料理長が答えるという質疑応答の時間も設けられ、充実したセミナーとなりました。今回のセミナーの参加者は46名。「今後も和・洋・中、いろんな調理セミナーを開催してほしい」という声に加え、「参加型の調理セミナーに参加したい!」や「真空調理のセミナーを開催してほしい!」といった要望も寄せられました。こうした声を参考に、ケルククラブ事務局ではさらに充実した調理セミナーを展開したいと考えております。